カタログギフトのメリット

カタログギフトにはたくさんのメリットがあるため、結婚式の引き出物としてだけでなく、内祝いやお祝いなど、様々なシーンで贈り物として選ぶ人が多くなっています。ここでは、カタログギフトを贈る際のメリットについて触れていきます。

持ち帰る際にかさばらない贈り物

相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフト

持ち帰る際にかさばらない贈り物であるカタログギフトのメリットは、何といっても、相手方に好きなものを選んでもらえるという点にあります。せっかく贈り物を渡しても、それが相手にとって気に入らないものであれば意味がありませんので、相手が自分の好みに合わせて自由に選べるカタログギフトは、ある意味で非常に無駄のない贈り物の手段であると言えるでしょう。なお、一言でカタログギフトといっても、百貨店が用意しているもののように、様々なジャンルから品物を選べるものもあれば、専門店のもののように特定のジャンルから選ぶようになっているものもあります。そのため、相手の趣向がある程度分かっているのであれば、それに合うような専門店のカタログギフトを贈ってみるのもおすすめです。

予算に合わせてカタログギフトをチョイスできる

カタログギフトを贈るメリットの二つ目は、自分の予算に合わせて選べるという点です。すなわち、カタログギフトには、数千円から数万円に至るまで、様々な価格帯のものが用意されていますので、自分の予算に合ったものを選べば、思った以上に贈り物の出費がかさんでしまうという事態を避けることができるのです。また、相手方からすると、自分がもらったカタログギフトがどれくらいの金額の者であるのかが分かりにくいため、実際の金額よりも価値のあるものだと感じてもらいやすいというメリットもあります。自分で好きなものを選べる楽しさがあるので、その分、通常のギフトに比べると、もらった人の満足度が高い贈り物であるといえるかもしれません。

カタログギフトのデメリット

メリットが多いカタログギフトですが、少なからずデメリットも存在しています。ここでは、デメリットについて詳しくお伝えしていきます。贈る際には、それらについてもきちんと理解した上で、選ぶようにしましょう。